指定校推薦の選考

2011/09/08 Thu (No.452)

 多くの大阪の公立高校で、木曜日の6時間目がLHR(ロングホームルーム)になっています。指定校推薦選考の結果は担任の先生から、クラスの生徒に個別に返却されます。指定校推薦の応募は8月終わりか、9月はじめに締め切られるので、今日が指定校推薦選考発表日である高校が多いと思います。わたしの学校も今日、指定校推薦の選考結果を発表しました。

 指定校推薦の依頼校も年々増加し、それに呼応するように指定校推薦に応募する生徒の数も増えてきています。3月までモチベーションを維持し続け、苦しい勉強を続けていくためには体力と気力を必要とします。夏休み以降は、クラブを引退した思わぬダークホースの実力が伸び、強力なライバルとなることもあるでしょう。心持ちが優しく、まじめで、競争が得意でない生徒のなかには、指定校推薦に向いているひともいます。

 わたしの学校で、今年指定校推薦入試で選考された生徒のなかには、指定校推薦にはもったいないと思う生徒がいる反面、指定校推薦が妥当な選択だと思う生徒もいます。最終的には受験する本人の気持ちの持ちようです。指定校推薦で推薦されても、学年の終わりまで、手を抜かずがんばってほしいと思います。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示