伊吹山散策

2010/08/05 Thu (No.45)

 今日は、一日夏休みをとって、家内と伊吹山に行ってきました。駐車場で降りると、お花畑をめぐる遊歩道がつづきます。約1時間の散策コースです。シモツケソウやキンバイソウ、イブキトラノオなど、たくさんの夏山の草花が咲いています。地上は30度をこえる猛暑というのに、標高1300メートルの山の上は別天地でした。お昼には、近江牛の会席を食べました。長い距離の移動でいささか疲れはしましたが、ルーティーンワークから逃れて、ちょっとした息抜きができました。

伊吹山 001 伊吹山 003

 10年くらい前までは、夏休みはもっと夏休みでした。講習やクラブの付き添いなど出て行かなければならない日はあるにせよ、まとまったリフレッシュ期間でした。本を読んだり、調べものをしたり、旅行に行くこともできました。現地で実際に見聞することは、非常に大切です。フランスの絶対王権を説明するのに、ヴェルサイユ宮殿を知っているかどうかで知識の厚みが違います。大学の先生のように研究費もなく、在外研究もできない高校の教師は、どこに行くにしても身銭を切ります。そうして知識を蓄えていったのでした。
 
 今は、夏休みは5日間です。これは、サラリーマンより少ないかも知れません。ただ夏休みの期間は、学校にいても授業がないので、普段よりはゆっくりとしています。教師にもゆとりがないと、充実した授業はできません。ふだん、勉強する暇もなく、生活指導と教科指導ににおわれながら、授業をしている毎日では、教師のみならず生徒もかわいそうです。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示