日本国際大学新設の不認可

2011/08/31 Wed (No.445)

 昨日の朝日新聞朝刊に、聖トマス大学が新設予定の「国際教養学部」と「健康科学部」の申請が文科省によって却下された、という記事が載っていました。聖トマス大学は、現在、唯一「人間共生学部」を有していますが、この学部も2010年から募集を停止しており、2012年春から名前を「日本国際大学」と改めて上記の2学部編成で再出発する予定でした。

 わたしが、7月23日のブログで新設予定の看護学部(科)を紹介したそのなかに、この「日本国際大学」が含まれています。新聞によると却下の理由は、就任予定の教員のうち6人に経歴の誤記があるというものです。他大学での部長職であった前職を副学長と記載したり、実体のない海外の学位が記載されていたり、ずさんな経歴記載が問題とされたのです。この結果、2014年度まで新しい大学や学部の設置ができないこととなりました。

 もともと経営基盤がしっかりしていなかった大学なので心配はしていたのですが、やはり、という感じです。しかし不幸なのは、現在聖トマス大学に在籍している学生たちです。かれらが卒業した時にはすでに大学はありません。学生に何ら落ち度がないだけに、割り切れないものがあります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示