指定校推薦説明会

2011/09/02 Fri (No.443)

 8月の終わりに指定校推薦説明会を行いました。指定校推薦を受ける可能性のある生徒全員を集めたので結構な人数です。そのあと指定校推薦一覧表を教室掲示しました。

 今では、どの高校にも多くの大学・短大・専門学校から指定校推薦依頼がくる時代になりました。おそらく各高校とも大学だけで100校程度の指定校依頼があることと思います。そのため、依頼されたすべての学校を一覧表で掲示する高校、近畿圏の学校のみ一覧表に掲示して他地域は進路指導部に相談に来させる高校、大学・短大だけを一覧表にする高校とさまざまです。

 大学からの推薦基準もまちまちです。評定平均を全く問わない大学、4.0という高い評定平均を必要とする大学、特定教科の評定平均の基準がある大学、TOEICや英検の成績を基準にする大学、クラブ活動や生徒会活動の記録が必要な大学などです。自分の条件が志望校の基準と合致しているか、まず確認してください。評定平均も自分の思っているものと違っている場合があります。生徒のなかには1年の評定平均、2年の評定平均、3年1学期の評定平均を合計して3で割ると思っている人がたまにいますが、これは間違いです。評定平均、出席日数などは、担任の先生に確認するのが一番の早道です。
関連記事

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

小学校、中学校、高校、大学…どの過程でも受験はやっぱり大きな問題ですよね。
なぜ勉強しないといけないか…子供に説明するのはとても難しいことです。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示