京都女子大学の進学説明会

2011/08/09 Tue (No.424)

 昨日、京都女子大学の進学説明会に参加しました。何度かある説明会のうち最後の説明会で、京都女子大学本学でおこなわれたものです。8月5日から8月8日まで、オープンキャンパスも開催しており、オープンキャンパスと同時開催となっていました。

 同志社女子大学と比べてキャンパス・学生ともおとなしい感じです。関西で有名な女子大学は、京都女子大学、同志社女子大学、武庫川女子大学の3つの大きな大学と、規模は小さいですが、評価の高い、神戸女学院大学があります。歴史のある女子大学はそれ以外にもたくさんありますが、女子大の不人気をうけて、それらの大学では、地位がだんだんと低下しています。

 3女子大のなかでは、偏差値では京都女子大学が一歩リードしています。地方出身者が多いのも特徴です。4割程度の学生が、近畿圏以外の出身です。新入生1300人のうち1/4強の学生が寮で生活しています。最近の学生寮とは異なって、1年生は4人部屋、自炊は原則禁止、朝は礼拝があり、門限は10時と厳しいです。京都や大阪出身の女子大生は、華やかな雰囲気の学生が多いのですが、地方出身の学生はそれに比べると地味な印象がありますので、これが京女のカラーを作っているのかも知れません。

 説明会が終了したあと、キャンパスをまわろうと思ったのですが、もうオープンキャンパスは終了しており、また夏休みなので、学生もまばらでした。説明会前にオープンキャンパスに参加すればすむことなのですが、来年、本学で説明会を開催される時には、他大学のように説明会後のキャンパス見学会も催していただけたらありがたいと思っています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示