高卒用履歴書の書き方

2010/08/06 Fri (No.41)

 8月の終わりには、就職希望の生徒は、履歴書を書く練習をすることになります。そこで、今日は、高卒用履歴書の書き方についてお話ししましょう。

①全体的な注意
 黒のボールペンで記入します。一度鉛筆で下書きしてから書くといいでしょう。ていねいな文字で、読みやすいように書きます。数字は算用数字を使います。誤字脱字がないようにし、1字の間違いでも書き直しましょう。日付は、提出日の2~3日前の日付を記入します。書いた後は、必ず担任の先生か進路の先生に点検してもらいましょう。
②氏名・現住所
 住民票による氏名・住所を記入します。ふりがなは、ひらがなで書きます。
③写真
 インスタント写真でなく、できれば写真屋でとってもらいましょう。生徒証の写真をとってもらった写真屋にたのめる場合もあります。制服がある場合は、制服でとります。
④学歴・職歴
 高校入学から、卒業見込みまでを書きます。アルバイトは職歴には含まれません。
⑤資格等
 簿記・情報処理・英検・漢検など取得した順に記入します。二輪や自動車の免許を持っていることが求人の条件でない場合は、二輪や自動車の免許について書く必要はありません。資格の名称は略さず正式なものを記入しましょう
⑦趣味・特技
 自分の自信のあること、得意なことを記入します。
⑧校内外の諸活動
 部活動、生徒会活動、クラス役員などについて記入します。調査書の記述と矛盾しないように担任の先生に確認してください。学外でボランティア活動などをした人もここに書きます。
⑨志望の動機・希望の職種
 なぜその企業を希望するのか、入社したらどんなことをしたいのかを、できればエピソードを交えて具体的に記入します。自分のことは「私」、相手の会社のことは「御社」または「貴社」と書きます。書き言葉では「貴社」を使うほうが多いので、下の例文では「御社」となっていますが、「貴社」と書くほうがいいでしょう。空白のないように欄いっぱいを使って、この人なら採用したいと思われるように書きましょう。  

 履歴書の書き方の例をあげておきます。クリックすると大きくなります。
履歴書き方
関連記事

コメント

Secret

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示