大学フェアOSAKA

2011/07/18 Mon (No.401)

 今日は大阪府教育センターで「大学フェアOSAKA」が開催されました。「大学コンソーシアム大阪」という大阪府内の大学で構成される特別非営利活動法人が主催しています。わたしは、参加していないので実際はわからないのですが、「大学フェアOSAKA」は大阪にある35大学による「模擬授業」、「分野別進路ガイダンス」「相談コーナー」などから構成されています。

 「模擬授業」に参加するためには予約が必要で、わたしの高校からは10名程度の2年生が予約しました。大阪府全域の高校からは、例年だと申し込みはそう多くないのですが、今年は参加希望者が多かったようで、「模擬授業」の参加者も調整が必要だったようです。

 進学校でも、毎年、多くの参加者を出している高校がある一方で、まったく参加者のない高校もあります。大学による「模擬授業」も、最近では、高大連携が盛んになり、大学や会場に出かけずとも、高校で「出前授業」が受けられる場合が多くなりました。

 わたしの学校でも、高校での「出前授業」を企画しています。しかし、日程と授業内容についての調整が難しく、受験産業にアレンジしてもらうと、ややもすれば専門学校からの「出前パフォーマンス」が多くなります。その意味で今回の「模擬授業」はパンフレットを見る限り面白そうなものが多かったです。高校生も、いろいろと刺激を受けることによって、自分で知的好奇心を育てていってほしいと思います。

 また「出前授業」でも、有名な先生の「授業」が必ずしも興味深いわけではなく、高校生にとっては難しすぎる場合もあります。逆に、教えるのがうまく高校生がどんどん乗ってくるような「授業」をされる先生もいます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示