二極化する私立大学

2011/07/14 Thu (No.396)

 2010年度、大学全体の入学定員57.5万人に対して志願者数は68.0万人。志願倍率は1.18倍です。私立大学で定員を充足している学校が58%、充足していない学校が42%あります。定員を充足していない大学では、推薦入試とAO入試の入学率が高いです。定員充足率が0~50%の大学では推薦入試とAO入試の入学率がなんと77%にのぼります。

 私立大学571校のうち、志願倍率が9倍を超える学校が13%、2倍未満の学校が40%あります。昔と比べて大学に入りやすくなりましたが、私立大学は完全に二極分化している状況です。(参考 「大学入試関係資料」大学入試センター)。

関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示