教室の冷房

2011/07/09 Sat (No.391)

 梅雨が明けたということで大阪はうだるような暑さです。朝から学校で試験を作っていました。何とかできたので一安心です。

 あとはたまっている郵便を整理して、教育委員会に送る報告を仕上げたら終わりです。しかし校舎は鉄筋なので冷房がないと大変暑いです。授業の時には、冷房があるのですが、わたし一人で「進路指導室」にいるので、扇風機で我慢です。

 とはいえ、授業時の教室の冷房は、設定温度が28度になっています。これは冷房噴出し時の温度です。わたしたちが変えることはできません。ですから教室の温度計では常に30度以上を示しています。若い生徒が40人もいると暑くて暑くてたまりません。冷暖房費は、諸費として生徒の家庭が払っているはずです。受益者負担だというのでしたら、もっと快適な環境をも生徒に与えてあげてほしいと思います。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示