予約奨学金スカラネット申込み手順

2011/05/24 Tue (No.343)

 一昨日は、日本学生支援機構予約奨学金の性質についてお話ししました。今日は具体的な申込み手続きについてお話ししましょう。申込みに必要なものは、学校で配付された「奨学金を希望する皆さんへ」のなかに綴じ込んであります。

 まず「確認書兼同意書」(p30)に本人と保護者が黒のボールペンで自署・捺印します。同一筆跡・同一印鑑は認められません。つぎに「収入に関する証明書類」(源泉徴収票・確定申告書等のコピー)を「確認書兼同意書」に貼り付けます。場合によっては、「特別控除に関する証明書類」が必要な人もいます。ですから、速やかに必要書類を取り寄せる必要があります。

 以上の準備が整ったら、「スカラネット入力下書き用紙」(p15とp16の間に挟み込み)に組・番・氏名と赤枠で囲んだ1/7~7/7までを記入します。6/7の家庭事情情報も具体的に記入しておいてください。抜けているところがないようにすべての必要事項を書き込んでおいてください。抜けているところがあると、コンピュータ入力できなくなります。

 上記の「確認書兼同意書」と「スカラネット入力下書き用紙」を決められた期日までに学校に提出します。学校では、これらの用紙に不備がないか点検した上で、不備がなければ、後日インターネットを利用して、「スカラネット」への入力となります。この入力は、各個人の自宅でおこなう場合と学校でおこなう場合があります。学校入力をおこなっている高校の方が多いと思いますので、ここでは学校入力について説明します。

 入力はたいていLAN教室などでクラスごとにおこなわれます。学校から提示された「ユーザID」と「パスワード」を使って、スカラネットホームページアドレスに接続します。アクセスできたら、「下書き用紙」に記載したとおりに入力していきます。すべての項目を入力した後、「送信」ボタンを押します。そのあと申込内容を確認し、正しければ、再び「送信」ボタンを押して登録を完了します。このとき受付番号が表示されますので、必ず「下書き用紙」と「確認書兼同意書」に転記してください。

 ここで終了ではありません。そのあと「印刷」ボタンを一回だけ押して(すぐには印刷されないので焦って何度もおさないこと)「奨学金申込み情報一覧」を印刷します。そして最後に「終了」のボタンを押して終了です。「スカラネット入力下書き用紙」は学校で回収しますので担当の先生に渡してください。毎回、「下書き用紙」の記入に変更があったり、コンピュータの操作に不慣れであったりして、混乱が起こるので、「下書き用紙」だけは完全なものにしておいてください。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示