AO入試を廃止する大学

2011/05/20 Fri (No.339)

 5月13日付で近畿大学から、理工学部のAO入試の募集停止の連絡が来ました。AO入試が大学生の学力低下につながっていると危惧する声があり、学力テストを導入するなど、入試方法を改善するように求める提言が、近年中央教育審議会の場でまとめられています。学力を担保するために、(1)大学間で連携するなど各校が学力テストを実施、(2)大学入試センター試験の結果の活用、(3)資格・検定試験の成績を合否判定に活用、など何らかの形で、「入学意欲」だけでなく一定水準の学力を合格の基準にするというものです。昨年度、調査書の様式が変更になったのも資格や検定試験について記入する欄を独立させるためであったと聞いています。

 まだ、「入学意欲」だけでAO入試の合格者を決める、いわゆる「All OK」入試を実施している大学もありますが、出願評定基準を設けたり、何らか形で学力をも加味した試験方式に変更する大学が出てきました。近畿大学「理工学部」もその一つです。それ以外でも近畿圏で、今年からAO入試を廃止するのは、同志社大学「社会学部」、大阪経済大学などがあります。ある一定のレベル以上の大学では、これからは意欲だけでなく学力も必要とされるようになっています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示