全国総合模試と関関同立模試

2011/05/15 Sun (No.334)

 5月の中間テストが終われば、6月にはまた模試があります。これから本番の受験までほぼ毎月何らかの模試があることになります。わたしの学校で、今、生徒たちに紹介しているのは、代々木ゼミの全国総合模試とエール予備校の関関同立模試です。今回は学校受験ではなく会場受験です。どちらも6月19日(日)実施なので、どちらかひとつしか受験できません。

 国公立大学や関関同立も含めて全国レベルの大学を受験しようと考えている人には、全国総合模試を勧めています。近畿だけではなく全国から受験者がいるからです。先日受験したセンター模試とのドッキングデータも出ます。受験会場は代々木ゼミナールです。受験者規模も全国総合模試のほうが大きいです。

 これに対して、関関同立、産近甲龍しか受験しないという人には関関同立模試も選択肢となります。マーク形式の模試で、会場は同志社大学(京田辺)か関西大学から選ぶことができます。受験大学の雰囲気を味わっておきたいと考える人にはいいかもしれません。受験料も関関同立模試のほうが安いです。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示