高卒用求人表の見方

2010/07/28 Wed (No.33)

 高卒用求人票には、次のようなことが書かれています。○で囲んだ番号は、求人票の番号と対応しています。

①求人者
 所在地と就業場所が同じとは限りません。支店や営業所は、⑫の補足でも確かめてください。
 企業の規模や業種などがわかります。
②就業時間・休日等
 就業時間と休日が書かれています。残業時間はおおよその目安です。
 交代制の変則勤務も載せられています。
 休日の多さに目を奪われて、応募先を決める人もいますが、繁忙期には、休みは、それよりずっと少なくなります。
③賃金
 生徒諸君が、一番最初に見る部分です。
 住み込みは近畿圏ではほとんどないので、通勤の手取り額が、実際に振り込まれる金額です。
 13万円~14万円の企業が多いです。
 この手取り額が1000円多い、少ないと気にする生徒がいますが、それよりも昇給額や手当てに注意を払ってほしいと思います。
④職種
 営業、製造加工、販売、運輸補助など仕事の種類がわかります。
⑤求人数
 全体の求人数が書かれています。
⑥雇用の期間
 無に○がついていることを確認してください。
⑦作業内容等
 入社してからする仕事の内容がわかります。
⑧福利厚生等
 各種保険に加入しているか確認してください。
⑨通学
 たいていの場合は否になっています。
⑩応募・選考
 選考方法が書かれています。人物を見るための面接は、どの企業も実施しています。
⑪赴任
 入社日以前に研修のあるところもあります。
⑫補足事項
 特に知らせておきたいことが書かれていますので、ここには必ず目を通してください。
 定年後の継続雇用制度の有無、応募前職場見学の可否、「高卒求人情報WEBサービス」への掲載の可否、などもわかります。
⑬採用事務担当者
 就職担当の責任者です。採用試験や応募前職場見学でも窓口になります。
⑭事業所名・代表社名
 企業名と企業の代表者名です。
⑮求人連絡・推薦数
 指定校推薦の場合に、どのハローワークをつうじて、どの高校に何名ずつ推薦を依頼しているかが書かれています。
⑯雇用保険適用事業所番号
 ここに番号が記入されていることを確認してください。
⑰離職状況
 この欄も大事です。採用数に対して何人離職しているかわかります。
 見本にはありませんが、「応募者数」を書く欄もあります。したがって求人倍率と離職率がわかります。
⑱特記事項
 ここに「指定校求人」か「公開求人」の記載があります。

求人票の見本を揚げておきます。(出典 一橋出版 GUIDANCE FOR YOU)クリックすると大きくなります。
求人票

 求人票を見比べて、応募前職場見学にいく企業を選びます。興味をそそる企業で、応募前職場見学が可の場合は、必ず見学に行ってください。昨年までは、見学には、必ず教師の付き添いが必要でしたが、今年からは、「原則として教師が付き添うこと」に変更されています。

 応募前職場見学の効用については、日を改めて書きたいと思います。
関連記事

コメント

Secret

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示