求人数の減少

2010/07/24 Sat (No.29)

 連日35度近い猛暑が続いています。

 昨日、この春退職された先生の退職記念パーティがあり、その席で、何人かの進路指導の先生と話す機会があったのですが、異口同音に、求人数の減少を嘆いておられました。

 就職氷河期以後、リーマンショックが起こる直前までは、年とともに少しずつ求人数も回復し、200社を超える求人があった学校で、今年の求人数が80社程度だとおっしゃるのです。80社といっても、悪い言い方ですが、味噌もくそも一緒にした数です。その結果、生徒の希望する就職先が見つからず、就職をあきらめた生徒が出てきているとのことです。そのときお話したいくつかの普通科の学校でも、求人数が100社を超える高校は、ありませんでした。
 
 この数字は、学校に送付されてきた求人票の数で、指定校求人と公開求人の両方を含んでいます。指定校求人の求人票だけだと、その数分の一となります。

 日本では、中途就職の道は険しく、高校を卒業して、いったんフリーターになってしまうとなかなか正規就職の口を見つけることはできません。これから3月まで、就職希望の高校生に、就職を斡旋する日々が続きます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示