合格した君たちへ

2011/03/24 Thu (No.281)

 今日は合格発表の日でした。高い倍率で合格するかどうか不安だったひと、定員に満たなかったため合格するのが最初からわかっていたひと、さまざまです。ともかく、合格おめでとうございます。

 高校に入ってやりたいことがいっぱいあると思います。ぜひクラブには参加してください。今日の午後からの合格者登校では、たくさんのビラをもらい、たくさんのクラブから勧誘されたことと思います。中学校のクラブ活動とは異なって、高校では、自分たちで自主的に活動できることがたくさんあります。クラブ活動を通して培った仲間との連携や、目標に向かって進んでいこうとする努力は、自分を形作っていく上での大きな力になります。高校卒業後の進路に関しても、なにか夢中になることのできた生徒は、集中力を発揮して物事に取り組むことができます。

 勉強も大切です。中学校とは異なって、高校では留年という制度があります。所定の成績を修めることができなければ、もう一度同じ学年を繰り返さなければなりません。また、高校から大学・短大・専門学校への進学に使用される調査書には、高校1年から3年までのすべての成績が記載されます。高校3年でがんばる、では遅いのです。低空飛行でぎりぎり進級していると、指定校推薦を受けられないどころか、公募制推薦(一般推薦)の基準にも達しないかもしれません。

 運動をしている人には、よく理解できると思いますが、勉強でも持続が大切です。毎日少しずつでも勉強している人は、それが習慣となって、やがてそれほど苦しくなくなります。週末にまとめて予習復習するのではなく、ウイークデーに少しずつ、しかし、たゆまず続けてください。2時間勉強できれば理想的ですが、1時間でも仕方がないでしょう。毎日、午後9時から10時までは勉強の時間と決めるとよいと思います。

 運動部に入部する人は、最初の数ヶ月間はとてもしんどいです。中学校と練習時間も量も違います。担任をしていたころは、6月の保護者懇談の席で、保護者の方から、よく、疲れて家では寝てばかりだ、という相談を受けました。保護者の皆さん、どうぞ夏休みの終わりごろまで見守ってあげてください。体も一回り大きくなり、体力もついてきます。クラブと勉強の両立は可能です。理由にもよりますが、クラブをやめるようでは、やがて勉強もやめる場合が多いように感じます。

 合格者の皆さん、高校生となった今、君たちが思ったこと、考えた夢を大切にしてください。若いときは一度しかありません。失敗してもかまわない。挑戦しないより、若いときに挑戦して失敗したほうがダメージは少ないし、君たちの糧とになります。自分がしたいと思うことにどうぞチャレンジしてください。
関連記事

コメント

Secret

No title

志望校に行くことができました!!クラブには参加したいと
思ってます。
ブログを読んで、いろんな事にチャレンジしたいなと
思いました!


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示