入試問題流出の手口

2011/02/28 Mon (No.256)

 京大の入試問題流出が話題になっていますが、どのような手口を使ったのかいろいろな憶測が流れています。わたしは、ここでは述べませんが、ある通信機器を利用すれば、意外と簡単に外部と連絡できたのではと考えています。その製品のなかには、無線を使って携帯電話と接続できるミニヘッドセットがあります。それを使えば、携帯をバックの中に入れたまま、ハンドフリーで通話することが可能です。

 長文や数学記号を誤りなくブラインドタッチでタイプするのは、携帯になれた人間でも難しいと思います。受験会場にいる犯人が、携帯で写真を撮って送信したか、ヘッドセットを通じて音声で送信したのか、のどちらかの手段により、外部の協力者と連絡を取り、協力者が文字にして「ヤフー知恵袋」に投稿したと考えます。そして、回答を受けた協力者は、それを携帯を通じて音声で試験場内の受験者に送信したと思います。

 しかし、そこまで準備できる犯罪者であれば、「ヤフー知恵袋」を利用するのいささかずさんすぎます。回答の正確性や即答性が保証されないし、インターネット上に問題を公開するのは危険すぎる試みだからです。それよりは優秀な学生に直接回答させた方が遥かに安全です。
 
 なにかと疑問の残る犯罪ですが、京都大学の塩田副学長が「厳正かつ公正であるべき入試制度の根幹を揺るがす重大事件」と述べるのは当然です。早く事件の全容が解明され、犯人が捕まるとともに、勉学に励んできた多くの受験生の努力が正当に報われることを切に願います。またこの事件によって、受験生への信頼が揺らぐことのないようにしたいものです。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示