大阪府立高校前期入試倍率中間発表

2011/02/17 Thu (No.245)

 大阪府立高校前期入試の出願状況の中間発表がありました。それによると平均競争率は、1.54倍で昨年度の同期より約0.1ポイント増加しています。

 その中でやはりトップ10校の文理学科の人気が高く、全体で2.93倍の倍率です。わたしは、10校のうちで、北野・天王寺・三国丘の倍率が高いだろうと予測していたのですが、現在のところ思ったほど高くありません。また「大阪府教育センター付属研究校(旧大和川高校)」の倍率が0.93倍とふるいません。

 出願のピークは昨日の午後で、今日は昨日の出願状況を見ての出願者が中心となります。この記事を書いている時刻には、もう出願が締め切られていますが、今日の出願者は倍率の低いところに集まる傾向が見られると思います。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示