就職全員内定

2011/02/10 Thu (No.238)

 ハローワークのジョブサポーターの助けを借りて、一般求人に応募していた生徒が採用内定を勝ち取りました。ちょうど「モテ期」に入ったようで、応募してすぐに採用内定をもらったとの連絡を受けました。秋の「高卒求人」では、2社に応募し2社とも不合格になった生徒です。一般求人ですので、就職は3月からの予定で、即戦力として活躍することとなります。

 就職希望者は数人なのですが、これで就職希望生徒のすべてが内定をもらったことになります。看護系希望者もすべて第一志望の学校に合格しました。公務員は全員が合格した訳ではありませんが、不合格の生徒は、公務員予備校に進学して来年の合格をめざします。就職・公務員・看護は4年制大学進学と違って、手厚い進路指導が必要です。

 就職では十数度の就職講習、応募前職場見学、面接練習などが必要ですし、公務員も公務員講習、試験対策、論文指導、面接練習と手間がかかります。看護は、推薦入試に始まって3月までスパンが長く、この間に看護講習、数学講習、小論文対策、面接指導などと息を抜くいとまがありません。

 大学の一般入試を受験する生徒をのぞいて、進路が決まった生徒が増えてきています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示