推薦入試の合格者数

2011/01/28 Fri (No.225)

 大学の推薦入試が12月に終わり、どの高校でも推薦入試の結果を1月の初めにはまとめていると思います。高校の中には、大学の推薦入試合格者数の速報をホームページで公表しているところもあります。

 大阪府の高校では、2月には前期入試の出願と入試日を、3月には後期入試の出願と入試日を迎えることになります。そこで高校を受験する中学生やその保護者の方で、志望高校のホームページで進学実績をご覧になっている方も多いと思います。

 1月の段階で載せてある合格者数は、AO・指定校推薦・公募制推薦での合格者数です。国公立の進学実績として、1月にデータが上がっている場合は、センター試験を課さないAO入試か推薦入試の合格者数です。国公立大学には指定校推薦はありません。関関同立は原則として公募制推薦をおこなっていませんので、関関同立で1月にデータが上がっている場合は、AO入試か指定校推薦入試です。また関西の公募制推薦は併願のできる入試形態がほとんどですので、産近甲龍などの合格者でも2月以降の一般入試を受験する場合があります。また進学校になればなるほど、一般入試での受験者が多くなりますから、年内の合格者数は少なくなります。

 年内合格者が多いにこしたことはありませんが、その意味するところを理解してご覧いただきたいと思います。
 
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示