大阪芸術大学施設見学

2011/01/27 Thu (No.224)

 先日、大阪芸術大学の放送・映像・舞台芸術の施設見学に参加しました。大阪芸術大学は大阪の南郊にあり、美術、演劇、造形、音楽までも含んだ総合芸術大学です。今回は高校の教員対象で、映像・舞台関係の設備を見せて頂きました。

 まず、映画のセットを見学したのですが、昭和50年代の学生アパートのセットは本物と見まがうばかりでノスタルジーさえ感じました。いくつかのセットがあり、小道具は学生たちが自分で調達することも多いそうです。また小さな商業映画館に劣らない映画館があり、16ミリ、35ミリ、デジタル映像などの上映ができます。ドルビーサラウンドシステムも完備されていました。

 放送学科のスタジオは、スペースが広く、放送局のスタジオと同等の仕様で、照明・カメラ・編集設備と素晴らしいものがそろっています。3台のカメラを切り替えたり、テロップを入れたり、ミキシングをしたりと学生たちが実習に励んでいました。

 大学は非常に立派な芸術劇場を持っています。見学させて頂いたときは、ちょうど授業の最中で何人かの学生が、舞台の上で練習をしていました。舞台の奥にも広大な空間があり、舞台とのしきりを取り去ることで奥深い表現をすることができます。わたしは、昨年NHK大阪ホールで、芸大生による素晴らしいミュージカルを見たのですが、それと同じ舞台を再現できる施設を持っています。

 百聞は一見にしかず。大阪芸術大学の教員向けの進学説明会はホテルで開催されていますが、ぜひ施設見学も取り入れてほしいと思いました。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示