教え子との忘年会

2010/12/30 Thu (No.195)

 今日は、わたしが最初に勤めた高校の生徒たちとの忘年会です。担任したクラスの生徒ではなく、クラブの生徒です。もうその学校を去って20年になるので、わたしが直接知っている生徒は35歳以上となります。わたしが転勤した後、ちょうど「失われた10年」の時期がやってきたので、彼らのおおくは大学卒業後に就職で辛酸をなめた世代となります。集まる生徒たちで一番上の世代は40台の半ばとなっています。

 みんな職場での働き盛りの年代なので、いつももう年があけようとする年末にしか会合を持つことができません。20名から30名程度の忘年会で、毎年くじ引きで翌年の幹事を選んでいます。幸いなことにわたしはくじ引きから免除されています。また年に一度しか顔を合わせないメンバーも多いので、いつも2次会、3次会と盛り上がります。

 幹事からのメールでは「時間厳守で」となっているので、とちゅう寄りたいところもあり、もうそろそろ出かけなければなりません。おそらく今日のうちには帰ってこないと思いますので、早い時間にブログを書いています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示