春の息吹

2010/01/31 Sun (No.17)

 春の息吹を感じさせるようなやわらかい雨が降っています。庭の梅のつぼみも膨らんで、来週か再来週には最初の花を咲かせそうです。私の最も好きな季節です。

 なんどもなんども大学入試に失敗し、自信を失いかけていた生徒の合格報告を、昨日耳にしました。いくつかの推薦入試に失敗し、先日面談したときも、「みんなが自分よりえらく見える」と自信なげに語っていました。これからも何校か受験するというので、勇気づけて送り出したのですが、合格発表日になっても連絡がありません。「またか」と思っていたところに、うれしい便りです。自分が一番行きたい大学に合格していたのでした。こんなときほどうれしいことはありません。自分の子どものようにその生徒がいとおしく思えました。

 試験は、酷なものです。たった一日の試験では、その人の能力は計れません。人の能力や素質は、長らく一緒にいて初めて見えてくる場合もあります。素晴らしく素敵な生徒が、自分の思い通りの進路に進めないことも多く見てきました。進路指導においても、結果のみに拘泥する指導とは、一線を画したいと思っていました。その一方で、やはり、いわゆる「いい大学」に多くの生徒が合格してもらいたいという気持ちもあるのです。

 こうしてブログをはじめてみると、どうしてもセンター試験や偏差値に言及せざるを得ない自分を感じます。しかし、本当のところは、保護者の皆さんと一緒に、進路について考えていこうと思いブログを始めたわけで、受験指導をしようと思っているわけではないのです。

 また、忙しいということもあるのですが、毎日、義務として、ブログを更新することも重荷になってきました。これからは書きたいと思うときに書こうと思っています。

 どうぞよろしくお願いいたします。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示