留年と言われたらどうしたらいいのか

2020/03/16 Mon (No.1695)

 高校で留年を言い渡される生徒は各学年でどれくらいいるのでしょうか。大阪府の公立高校では、進学校で0人から2人、中堅校で4人から6人くらいのものです。

 もしあなたが原級留置を言い渡されたとき、どうしたらいいのでしょうか。選択肢は3つあります。一つ目はその高校に残ってもう一度同じ学年をやり直します。二つ目は別の高校に転学します。もう一つは退学です。

 一つ目の選択は成績が不振で留年したけれども、もともとクラスの中で自分の居場所があった生徒にとっては楽な方法かもしれません。一つ下の学年の生徒と一緒に勉強することになりますが、新しいクラスにもすぐになじみます。こうして卒業していった生徒をたくさん知っています。この場合卒業は一年遅れます。

 二つ目は通信制・単位制の高校への転入です。この場合は例えば高校二年で留年としたとしても、あと一年間で卒業に必要な単位を修得すれば、みんなと同じ時期に卒業できます。もとの高校で修得した単位は無駄になることなく、転入した高校で修得する単位と合算されます。近年はこの転入学を選択する生徒が増えています。

 三つ目の退学はお勧めしません。中学卒業の学歴しか残らないからです。将来の就職が非常に困難になります。

 では、高校を卒業するためにはどのような条件が必要なのでしょう。また何単位必要なのでしょう。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示