卒業式

2020/02/28 Fri (No.1681)

 今日は、卒業式が行われました。会場の入り口には、消毒用アルコールのボトルが置かれ、保護者の多くはマスクを着用しています。卒業生には、マスクを着用しているひともいれば、着用していないひともいます。

 卒業式が簡素化された高校もあるようですが、わたしの学校では、例年通りの卒業式です。生徒がひとりひとり呼名され、各クラス代表に卒業証書が授与されます。

 2年生の送辞に続いて、卒業生の答辞です。卒業生によるピアノ伴奏が流れるなか、女生徒二人が答辞を連読しました。入学式の様子に始まって、静かだった教室が行事を経験するごとにみんなが仲良くなり、にぎやかになってきたこと、文化祭や体育祭、そして修学旅行と思い出が次々と続きます。

 3年生の時の思い出になって、二人目の女生徒と交代です。クラスで競い合った文化祭の演劇、そして体育祭で下級生たちと一体になって盛りあげた競技や応援団、迫りくる大学入試に向けて、一生懸命に勉強に励んだこと。そして卒業。読み進めていくうちに生徒の声が潤んできます。卒業生のなかにも、涙を浮かべている生徒がいます。感銘に残る答辞でした。

 卒業式が終わると、それぞれのクラスでお別れの行事です。担任の先生は大きな花束を生徒たちから受け取っていました。今年卒業する生徒の担任団のなかに、初めて生徒を卒業させる先生が二人います。先生にとっても、思い出に残る卒業式となったことと思います。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示