各大学の新型コロナウイルスへの対応

2020/02/21 Fri (No.1678)

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が広がっています。新型コロナウイルスに感染すると、大学受験はできません。受験生は戦々恐々としていると思います。

 このような状況で、文科省は各大学に対して柔軟な対応の検討を求めていますが、それぞれの大学での対応の方法が少しずつ明らかになってきました。

 まず追試等の特別措置を実施しないのは、東京大、京都大、大阪大、神戸大、名古屋大などで、関西では大阪市立大も同様の発表を行っています。

 追試は行わないが、追試以外で感染者に救済措置を講じるのは、センター試験の成績と調査書で合否を決定する北海道大、センター試験の成績で合否を決定する大阪府立大、京都府立大、佐賀大などです。

 東北大は、追試は行わないが感染者への対応を検討する予定で、京都工芸繊維大は、追試を含めて対応を検討しているということです。

 上記の大学や上記以外の大学でも、状況によっては対応の変更がありうるとのことですので、受験生の皆さんは試験当日までそれぞれの大学のホームページで確認しておいてください。

 とはいえ、受験生で新型コロナウイルスに感染する人は、ほとんどいないと考えられます。試験まであと4日です。今は、体調に万全の注意を払って、自分の貯えた実力を発揮できるよう頑張ってください。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示