新型コロナウイルスと大学受験

2020/02/14 Fri (No.1676)

 新型コロナウイルスの感染が広がりつつあります。新型コロナウイルス感染症は、指定感染症なので、罹患者は受験することができません。

 私立大学の多くは、コロナウイルスに感染して受験できなかった受験者に、追試は行わないが、受験料は返金する旨を発表しています。また近畿大学では、一般入試・後期への振り替え受験を認めています。

 また2月25日には、国公立大学の2次試験が始まります。関西の国立大学でコロナウイルスについての対応について情報があるのは、2月12日の時点では、奈良教育大だけで、それも注意喚起の記述があるだけです。

 また関西の公立大学では、同じく2月12日の時点では、滋賀県立大、奈良県立大、神戸市看護大にコロナウイルス感染に関する記述があり、滋賀県立大、奈良県立大では追試は実施しないが、神戸市看護大では別途措置を配慮する旨の記載があります。

 今後状況が刻々と変化することが予想されますので、それぞれの大学で、コロナウイルスに関する発表があることと思います。もう出願は終わっているので、受験校を変更することはできませんが、各大学のホームページを注意しておいてください。

 受験生の皆さんが、健康に留意されて、十分実力を発揮されることを祈っております。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示