合格者登校

2019/03/19 Tue (No.1666)

 午前10時に合格発表がありました。中庭に合格者の受験番号の書かれたボードを掲示します。雨が少し降っています。色とりどりの傘のなかから、受験生とその保護者の方がボードを見つめています。わたしは、2階から合格発表の風景を眺めていました。この瞬間は、教師生活を始めて以来、何年たっても緊張します。

 合格者は、午後2時に保護者同伴で登校です。校門から体育館までの間は、クラブ勧誘の在校生に取り囲まれながら進んでいきます。ビラを何枚も手渡された合格者は、戸惑いながらもうれしそうです。

 体育館では、入学に必要ないろいろな書類についての説明があり、各分掌の長からの注意もあります。いい加減うんざりするような説明もあります。そして、この休み中の宿題もたくさん渡されます。毎年、合格者が経験してきたルーティーンが繰り返されます。そして、合格者は、高校生となっていくのです。




関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示