最低賃金の改定

2010/11/30 Tue (No.164)

 今日、大阪労働局から、厚生労働省「最低賃金知っておきたい7つのポイント」というリーフレットが送られてきました。最低賃金は、高校生・大学生・パート・アルバイトを問わず、すべての人に適用される「最低」賃金です。たとえ「労使合意」でこれより低い賃金を定めてもすべて無効となり、「最低賃金」が適用されます。12月からはすべての都道府県で新最低賃金が適用されます。

 大阪府では、10月15日から「最低賃金」が779円になっています。また産業別にも、最低賃金が定められており、大阪府では、塗料製造業が850円、鉄鋼業が846円などとなっています。ただし産業別の最低賃金は、「雇い入れ後3ヶ月未満の技能習得中の者」など適用が除外される人もいます。

 最低賃金は、都道府県によっても異なっており、東京都が一番高く821円、ついで神奈川の818円、そして大阪の779円とつづきます。また一番低い県で642円となっています。関西でも府県により最低賃金が異なるので、奈良(691円)や和歌山(684円)で仕事をするよりも、大阪で働いた方が時間あたり100円ほど高給になります。

 アルバイトをしている高校生の皆さん、またこれから働き始める皆さん、「最低賃金」は法律の定めであり、これより低い金額での契約はすべて無効であることを覚えておいてください。もしこれよりも少ない金額しか支払われなかった場合には、事業主は差額を支払わなければなりません。

 最低賃金のチェックは、「最低賃金に関する特別サイト」でみることができます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示