関西の新設学部の推薦入試

2010/11/29 Mon (No.162)

 関西の大学で新設された学部の公募制推薦の状況をお知らせしたいと思います。龍谷大学政策学部は定員33名に対して590名(確定)の応募で試験はすでに終了し12月10日合格発表、京都女子大学法学部は現在募集中(募集締切は12月1日)で定員20名に対して現在で35名応募し12月12日に試験実施、関西外国語大学英語キャリア学部は1357名受験し78名の合格者発表ずみ、近畿大学建築学部は定員90名に対して1590名の応募で試験は12月4.5日に実施、となっています。

 いずれの学部も、他の既設の学部と比べて激戦が予想されます。近大では昨年の建築学科と比べて2倍の受験者を集め、関西外大では他の学部が2倍台なのに対して17倍の競争率になりました。わたしの学校では、関西外大の人気が高く合格者も多いのですが、運良く英語キャリア学部に合格する生徒もみられました。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示