2016年高卒女子の進路状況

2017/03/03 Fri (No.1610)

 大阪府立高校の一般選抜入試出願2日目が終わりました。今日までの結果は明日の朝、このブログに載せようと思います。今年は出願最終日が月曜ですので、迷っている人も、今日までの倍率を見ながら少し考える時間があるかもしれません。来週は国公立大学前期日程の合格発表、そして大阪府立高校一般選抜入試と、高校3年生、中学3年生にとっては重要な日が続きます。

 さて、先日JSコーポレーションから2016年の春高校を卒業した女子生徒の進路状況が送られてきました。(出典 「平成28年3月卒業生(女子)の進路状況」 進路データ vol.645 JSコーポレーション) 

女子進路

 これによりますと、高卒女子の6割近くが大学・短大に進学しています。短大の数は年々減少しているので、女子の大学進学率が高くなったといえます。このブログをご覧の皆さんには、中学生・高校生の保護者の方も多いと思いますが、保護者の方が高校生だったころと比べて、女子の大学進学率は大幅に上昇しています。現在、高卒求人は求人票に男女の別は書けませんが、サービス業などを除いてどちらかというと男子主体となっています。

 女子で生涯にわたって仕事を続けていこうと思った場合、看護師、幼稚園教諭などの専門職を除いて、大学に進学することが必要になっているのです。女子の大学短大進学率は、上の表のとおり、全体で57.2%なのですが、これは実際のところ、男子卒業生の大学短大進学率52.2%よりも高くなっています。
 

 
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示