大阪府立高校入試問題の種類と調査書の比率

2017/02/22 Wed (No.1598)

 大阪府立高校の一般選抜では、英・数・国の入試問題につき難易度の違う3種類の問題から、高校が独自に問題を選択することができます。Aが一番易しく、Cが一番難しくなります。また、総合得点に占める学力検査と調査書の割合をⅠ7:3、Ⅱ6:4、Ⅲ5:5、Ⅳ4:6、Ⅴ3:7のうちから選択することもできます。

 一般選抜におけるそれぞれの組み合わせの一覧をお知らせします。これも教育委員会のホームページからの抜粋です。偏差値の高校はC問題で、調査書の倍率はⅠを選択するところがほとんどです。

一般1
一般2
一般3



関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示