大阪府私立高校募集人数

2010/11/23 Tue (No.157)

 ここ数日大阪府の高校入試について述べてきました。そこで今日は大阪府内の私立高校の募集について述べます。11月12日の朝日新聞朝刊に大阪府内の私立高校募集一覧の記事が載っていますが、スキャンするには大きすぎるので、募集人員については、大阪私立中学校高等学校連合会の「私立高等学校生徒募集状況」をご覧ください。私立高校の募集定員は今春なみとなっており、新規中学卒業生数の減少分は、公立高校の募集定員減で補正するようです。

 来春から府内の私立高校に通学する新入生について年収610万円未満の世帯の授業料無償化が始まります。私立上位校にとって兵庫や奈良の進学校に流れていた生徒を取り戻す契機となりますが、同時に文理学科を新設する公立高校との競争も開始されます。大阪は、伝統的に公立高校優位であり、私立と公立のトップ校両方に合格すれば、公立に進学する風潮がみられます。

 公立高校トップ校において状況は穏やかではありません。府下全域からの募集となれば、地の利のいいところや進学実績の少しでもいいところに受験生が集まるからです。3年前に9学区制から4学区制に変わったときも同じ現象がみられました。たとえば現在の第3学区は旧5.6.7学区が合併してできたのですが、9学区時代は5学区の高津高校や6学区の生野高校の方が6学区の天王寺高校(普通科)より難関の学校でした。しかし、学区が広がったため、地の利のいい天王寺高校に優秀な生徒が集まる結果になりました。こんどの文理学科10校においても同じ現象がみられるようになると思われます。

関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示