私立高校の受験先

2016/12/16 Fri (No.1564)

 12月も半ばを過ぎ、中学3年生の保護者・生徒と担任の先生との懇談にも熱が入っていることだと思います。この時期は私立高校の受験先を絞っていく時期になります。専願で受験するか併願で受験するかによって当然受験校は異なってきます。

 大阪府の私立高校と中学校の間には信頼関係があり、担任の先生の合意が得られる私立高校を受験する場合、当日大きな失敗をしなければ、かなりの確率で合格することができます。とりあえず、私立高校を固めておいて、そのうえで公立高校にチャレンジするというのが、大阪の高校受験のパターンとなります。

 府立高校の入試制度は毎年のように変わっています。来年の入試でどのような新たな現象が生じるのか、またどのような生徒が入学してくるか、現役の高校教師でも把握できません。受験生たちに混乱がなく、過度な負担をかけない入試であることを祈っています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示