指定校推薦入試の募集もそろそろ終了します。

2016/09/29 Thu (No.1540)

 今年の指定校推薦の季節もそろそろ終了します。大学への出願期間に校内での選考が間に合わなくなるためです。もちろん大学のなかには、12月になってからも指定校推薦の出願が可能なところもあります。しかし、遅くまで指定校推薦の出願を受け付けている大学は、最終的に募集定員を満たすことが困難な大学であることも多いです。

 指定校推薦では、毎年、意外な大学・学部に空きができたり、一般試験で受験しても合格するだろう大学の競争率が高かったりします。高校では、指定校推薦の個人情報を教えたりはしませんので、年によっていびつな状態が生じます。私立高校であれば、受験希望者を各大学に割り振ったり、後年のことも考えて指定校推薦受験者を何度も募集する場合があるのかもしれませんが、大阪の公立高校では、生徒の希望を優先して、指定校推薦を決定していきます。

 したがって、大学に指定校推薦の指定校となるよう依頼に行き、ようやく指定校推薦を受けることができた場合でも、何年かのちには、一人も受験希望者がいないということも十分考えられます。指定校となることを決定してくれた教授会や大学の入試関係者には大変申し訳なく思うのですが、受験希望者がいない以上推薦することはできません。

 わたしの高校でも、せっかくこちらからお願いして指定校をいただいたのに、利用できなかった大学が見受けられるようになりました。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示