高校生の就職試験

2016/09/14 Wed (No.1531)

 9月中旬となりました。高校生の就職は、高校を通して事業所に応募します。9月5日が応募書類の提出開始日で、9月16日が採用試験の開始日です。わたしの高校では、今年の就職希望者はごく少数です。就職希望者の多い高校では、指定校求人の枠も大きいのですが、就職希望者の少ない高校では、指定校求人の数も少なく、自分の希望する事業所が指定校で求人していなければ、公開求人に頼らなければなりません。

 公開求人には、求人票の形で郵送されるものもありますが、最近の主流はWEBによる求人です。もちろんWEBでの求人といっても、すべての人が閲覧できるものではなく、高校の就職担当者を通じて就職希望の高校生が閲覧できる性質のものです。とはいえ、WEB求人は、全国の就職希望の高校生が閲覧できるため、人気のある職種だと非常に倍率が高くなります。10倍から20倍の倍率になることもあります。

 指定校求人とは異なって、合格可能性が見えにくいのですが、指定校求人の数が少ない場合は、どうしてもWEBでの公開求人に頼らざるをえません。その高校の就職希望者が少ないからといって、必ずしも自分の希望する職業につけるとは限らないのです。ともあれ、就職希望者の採用試験での成功を祈っています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示