特別選抜の実施

2016/02/22 Mon (No.1496)

 今日は大阪府立高校の特別選抜の実施日です。昨年までと変わって特別選抜実施校は実技試験や面接試験のある高校に限られますので、多くの高校では、平常授業が行われています。

 実は、2月下旬は高校にとって非常に忙しい時期です。3年生にとっては、国公立大学の前期日程入試、私立大学の最後の入試が行われます。私立大学の一般入試に不合格であった生徒に対して、進学相談を行い、新しい調査書を発行することも必要です。卒業式もすぐそこに控えています。1年生・2年生にとっては学年末テストの実施時期です。成績の振るわないものに対しては、補習を行うことも必要です。

 このように生徒たちとかかわることの多い2月下旬に高校の前期入試があると、生徒たちの面倒を見ることがほとんどできません。入試準備から合格発表まで生徒たちが登校できない期間があるのです。また教師のほうでも、入試にミスがあってはなりませんので、入試に対して神経を集中している時期なのです。

 高校の前期入試と後期入試が一本化されたことは、少なくとも在校生と教師にとっては喜ばしいことなのです。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示