公立学校教員大量採用時代

2014/09/29 Mon (No.1420)

 近年、高齢化する教員の大量退職にともなって、小・中学校、高等学校で教員の大量採用が続いてきました。先生になりたいと考えている生徒たちにとっては朗報となります。

 下のグラフでわかるように、2013年度の採用者は小学校1万3600人、中学校8400人で、採用者が一番少なかった2000年度の小学校3700人、中学校2700人と較べて、採用数は約3・5倍に膨らんでいます。現場においても、若い先生が増えてきているのを実感していることと思います。(出典「平成25年度公立学校教員採用選考試験の実施状況について」文部科学省)

採用者数

 それに伴って、教育学部・教育学科を設置する大学が増加してきました。小学校教員を養成する私立大学は、2005年度には51校であったものが、2013年度には156校と3倍以上に増加しました。
 
 また、国公立大学では、2012年には山梨大学、信州大学、滋賀大学、奈良教育大学、2013年には福岡教育大学で教員養成課程の定員増が行われました。私立大学では、近畿圏に限っても、2014年度には、大和大学、大阪成蹊大学、プール学院大学、関西福祉大学、奈良学園大学で教員養成課程の新設・改組が行われました。

 また採用試験そのものの倍率も、近年低位で停滞しています。教師になろうと志す生徒にとって好機が訪れているのです。(出典 上掲資料)

倍率

関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示