春の使者

2014/03/19 Wed (No.1398)

 朝まだき、布団でうつらうつらしていると、窓のほうからウグイスの声。庭の梅の木でしょうか。近くで鳴いています。普段だとウグイスが里に出てきて鳴くのは、4月になってからです。

 いつもだと3月に庭に来るのは、メジロ。いつも2羽で来て、甘いさえずりを聞かせてくれます。今回、ウグイスの姿は見ていませんが、さえずりは上手です。ふつう鳴き始めのウグイスのさえずりはあまり上手ではなく、3月上旬、山で聞く声は「まだ練習中」といった感じです。ところが今日聞いたウグイスは、どこで練習したのか、かなりうまかった。

 ウグイスはメジロのようなきれいな鳥ではなく、地味なくすんだ鳥です。メジロと違ってかなり臆病な鳥です。山でも声は聞いてもあまり姿を見ることはありません。ともあれ、すてきなさえずりです。明日はもう少し早く起きて、どこで鳴いているのか確かめてみましょうか。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示