校内全国模試

2014/02/09 Sun (No.1360)

 この週末は、校内で全国模試を行いました。初日の昨日は、その前夜から雪が降りしきり、朝には積雪がみられます。8時30分から試験開始だったので、担当の先生とその1時間前には学校に行って生徒の来るのを待っていました。いつも遅刻が多く、あまり勉強に熱心でない2年生の模擬試験です。遅刻が多ければ、試験開始時刻を遅らせたり、欠席連絡の電話対応に追われるものと覚悟していました。

 しかしこの心配は杞憂に終わりました。家の人に送ってもらったり、みずから自転車や徒歩で、試験が始まるまでに、つきつぎと生徒たちが学校に到着します。結局遅刻したのは1人だけで、しかも約10分程度の遅刻です。遅刻することについて学校への電話連絡もありました。欠席が1名ありましたたが、それ以外はみな時間通り、寒い中集合してくれました。

 今年の模試では、担当の先生たちが努力して、例年より多くの受験者を集めてくれました。まだまだ勉強をしていない2年生たちなので、E判定がめじろ押しになることだと思いますが、E判定は、これから判定をあげていくための第一歩。大切なのは、現時点での自分の占める位置を確認し、できなかった問題をできるようにすることです。

 1年・3年と比べて、なかだるみの2年生をちょっと見直した雪の校内模試でした。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示