出願時に学費面で考えること

2010/11/03 Wed (No.135)

 大学の学費が高額であることは何度も話題にしています。それでは、生徒たちは、大学・短大に進学するに当たって財政負担を少なくするため、どういう点を考慮しているのでしょうか。下のグラフをごらんください。(出展 JSコーポレーション「進路データ」Vol.394)
出願時学費面で考えたこと

 グラフは今年3月卒業生6,176人(大学5,500人、短期大学676人)についてのアンケート結果です。自宅通学を第一番に考えていることがわかります。わたしの感覚では、自宅通学でも、自転車で通える大学・短大を希望する生徒が増えてきている気がします。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示