進路ガイダンス計画

2014/01/11 Sat (No.1329)

 3学期が始まってから、何社かの進路ガイダンスを主宰する会社の担当者が、新年のあいさつと今年度のガイダンス計画を紹介するために訪問されました。

 進路ガイダンスには、①将来の職業について説明する職業別ガイダンス、②学部学科で学べることを紹介する分野別ガイダンス、③それぞれの学校の特徴について説明する学校別ガイダンス、④大学での学習内容を体験する模擬授業、⑤講演会などがあります。これらのガイダンスは、高校に講師を招いて、普通教室や特別教室などで生徒の希望に沿って分科会形式で実施するのが一般的です。

 上記のガイダンスをくみあわせて、高校3年間に、生徒各自がキャリアを形成していくために一番有効であると考えられる順序と方法で実施していくのも進路指導部の役割です。ガイダンスを主宰する会社によって、得意分野があり、大学説明会に強い会社、職業分野に秀でた会社などさまざまです。それらも勘案しながら、自分の高校に適した進路ガイダンス計画を作成していきます。

 学校行事は前年度末に次年度の計画を完成させる必要があるので、これから2月下旬くらいまでの間に、多くのガイダンス会社がガイダンス案を売り込みに来るわけです。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示