就職試験とAO入試

2010/10/29 Fri (No.131)

 今日は、悪い知らせといい知らせがありました。

 悪い知らせとは、就職試験の不採用通知が来たことです。就職試験の合否通知は封書で送られてきますが、不採用の場合は調査書と履歴書が返送されてきます。そのため不採用の場合は、A4判の大きな封筒で送られてくることがほとんどです。今日、応募先から送られてきた封筒は、定形郵便の小さな封筒でした。そのため、合格しているとは早合点したのですが、なかから出てきたのは、不採用通知と三つ折された応募書類でした。

 その生徒は、経済事情の急変によって就職せざるをえなくなった生徒で、本来なら関関同立に合格する学力を持っている生徒でした。就職は、学力だけではなくいろいろな要素がからんできます。倍率が高かったとはいえ、残念な結果となりました。早速きょうWEB求人で次の就職先を検索しました。

 いい知らせというのは、ブログでも触れましたが、先日来、面接練習をしていた生徒が、立命館のAO入試に合格しました。きょう、お世話になった先生方のところに報告に来ました。関学のAOで合格した生徒もいます。今年は、7月に校内で、関関同立のAO入試説明会を行ったのですが、その成果がでたのかもしれません。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示