平城宮跡見学

2010/10/26 Tue (No.127)

 今年は、平城遷都1300年祭がおこなわれています。先日、平城宮跡会場を家内と訪問しました。平城京の南の端の羅城門から朱雀大路を北上し、その突き当たりに平城宮は位置します。現在の近鉄奈良線の大和西大寺の駅のすぐそばになります。当時の平城宮には、大極殿をはじめ、政務がおこなわれた諸官庁が多く集まっていました。今回の展示は、平城宮のかなりの部分を復元し、奈良時代をしのぶことができるものとなっています。

 平城宮跡会場までは、近郊の指定駐車場や電車の駅から無料シャトルバスが運行されています。わたしは、自家用車を指定の駐車場に止めて、シャトルバスを利用しました。駐車料金はかかりましたが、入場料は無料です。平城宮だけでも広大で、建物群を回覧するだけでも2時間近くかかります。また復元された建物そのものが見所となっているため、華々しい文物は展示されていません。ですから、平城京の歴史的出土品などを期待している人や、平城宮テーマパークを期待している人にとっては、期待はずれとなります。

 とはいえ、当時の規模そのままに復元されていますので、平城宮のイメージを知るには、大変興味深い展示でした。家内と「いい運動になったね」と話しながら帰途につきました。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示