面接試験対策講習会

2013/09/26 Thu (No.1218)

 AO入試、指定校推薦入試、公募制推薦入試には、面接試験がつきものです。先日、面接試験対策講習会を行なったところ、60名を越える生徒の参加がありました。はじめに、面接試験のDVDを流して、面接試験がどのように行なわれるかを見てもらいます。そして、面接試験のノウハウについてのプリントの説明、そののち、模擬面接です。

 模擬面接の生徒役は、進路指導部で一番若い先生に務めてもらいました。そこで見本を示したのち、生徒を指名してもう一度模擬面接です。指名された生徒は、この会場に来てからの準備しかできていません。それでも精一杯答えようとする態度は非常に好感が持てました。

 最初に生徒役を務めてくれた先生でも、あとで聞くと、「めっちゃ緊張した」といっていたのですから、本番での受験生の緊張は察して余りあるものがあります。聞かれる質問はそれほど多くありません。「この大学・学部を志望する理由は何ですか」「入学したらどんなことをしてみたいですか」「この大学で学んだことを将来どう活かしますか」「高校時代がんばったことは何ですか」「高校時代一番印象に残っていることは」「最近のニュースで印象に残ることは何ですか」「自己PRをしてください」などが質問の中心となります。暗記してはいけません。暗記してしまうと、予想外の質問がされたとき、答えられなくなります。

 面接試験は練習が大切です。まずは、鏡を前にしてシャドゥトレーニング、そして友達同士で質問しあう、お父さんやお母さんに面接官になってもらう、担任の先生や進路の先生に面接官になってもらう、徐々にレベルを上げて何度も練習すると、面接は見違えるほど上手になります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示