大卒求人の冷えこみ

2010/10/18 Mon (No.119)

 この時期は、AO入試、公務員試験、就職試験といろいろなものが重なるうえに、中間テストの問題作成や採点で忙殺されています。少し暇を見つけて、進路指導室で、問題作成や採点に取りかかっていると、きまって、大学の入試担当者の訪問があります。もうすぐ、公募制推薦が始まるのでそのPRと、指定校推薦の応募状況をを聞きに来られます。一般入試の募集要項も刷り上がっているところが多いので、そのおりに何部かおいて行かれます。

 毎日、何校かの方がお見えになるのですが、どの大学も今年は、就職に苦戦しているようです。今日もある有名私立大学の就職担当の方がお見えになり、所属する学部や入試の宣伝から、就職の話に及びました。今までその大学のその学部は100%の就職率を誇っていたのですが、今年は、まだ60%くらいしか就職が決定していないとのことです。
最後まで頑張るが、100%とはいかないかも知れない、と弱気の発言です。

 一昨年までの景気の上昇にともなって、採用人数を増加させてきた企業が、採用調整にはいっているようです。昨年以上の求人の冷え込みを大学関係者も感じておられます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示