マークカードリーダーとスキャナの読み取り精度

2013/08/23 Fri (No.1182)

 マークカードを読み取るのに、最近はスキャナを使用するところもあります。スキャナで読み取った場合と、マークカードリーダー(OMR)で読み取った場合とでは、読み取り精度に差があるのでしょうか。

 教育ソフトウェア社が行った実験結果が下のURLにあります。
 http://www.kyoikusw.co.jp/scan_test/test_result2.html

 それによるとおなじマークカードにマークされた110項目*40枚、4400項目のデータを読み比べた場合、OCRで誤読が0項目だったのに対し、スキャナでは334項目の誤読があったということです。スキャナでの読み取り精度は92.41%、すなわち100項目につき7項目も誤読しています。もしこのデータが正しいとすれば、スキャナで答案を採点することは非常に危険だといわなければなりません。わたしにとって認識を新たにした出来事です。

 教育ソフトウェア社は、スキャナの読み取り精度が低いのは、「スキャナで読取る際に画像がゆがんでしまい、ソフトウェアの認識が出来なかった」ことに原因があると結論づけています。ただこの実験ではスキャナとスキャナのソフトウェアの名前が明らかにされていないので、現在ではもっと読み取り精度の高いスキャナのシステムがあるのかも知れません。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示