保護者からみたAO入試と推薦入試

2013/07/01 Mon (No.1129)

 昨日の続きです。昨日が高校1年生から3年生の生徒に対するアンケートだったのに対して、その保護者に対するアンケートの結果です。

 「推薦入試やAO入試など『志望書と面接による入試』で合格してほしい」と答えたものが15.6%、「どちらかといえば推薦入試やAO入試など『志望書と面接による入試』で合格してほしい」と答えたものが23.7%となります。この両者を合わせると4割近くの保護者が、学力試験なしの入試で合格してほしいと考えているようです。

 その理由として、一般入試に向けての勉強がたいへんだと考えていることはもちろんですが、子どもに、早く進学先決めてほしいという保護者が多いことがあげられます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示