ビワ

2013/06/16 Sun (No.1114)

 ここ数日暑い日が続いています。庭には2本のビワの木があり、今年も実り始めています。冬が寒かったのであまり花が咲かずそのため実の数も多くありません。また摘果もしていないので小さな果実です。

 もともと植えた木ではなく、鳥が運んできた種からはえた木です。甘くはないのですが、昔からのビワの味がするというひともいます。数年前、大量に収穫できビワ酒にビワジャムにとさばききれないくらいだったこともあります。しかしわが家では梅のほうが利用価値が高いので、ビワは庭の片隅に忘れられた果実です。

 夕方に、ひとつ摘み取って食べてみました。まだ酸っぱくて熟すまでには日にちがかかりそうです。しかし、ちょうど食べごろとなったころにはヒヨドリの格好のえさとなります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示