保護者懇談のあいだに

2013/06/12 Wed (No.1109)

 多くの高校で保護者懇談は午後の授業をカットして行なわれます。担任の先生が保護者懇談を行なっているあいだ、担任を持たない進路指導部員は、生徒の日本学生支援機構のスカラネット入力を指導したり、就職担当であれば企業訪問、進学担当であれば入試説明会への参加など、この時期にしておかなければならない仕事があります。

 今年の進路指導部のメンバーは担任の比率が高く、担任でないわたしは、進路主担者会議への出席や入試説明会への出席など週に2~3回、学校を離れます。その間にもアポイントなしで、どんどん大学の入試関係の先生が高校を訪問されるのですが、多くの場合対応する教師がいなくて、迷惑をかけてしまいます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示