就職した生徒

2013/05/13 Mon (No.1078)

 先日2年前に卒業して飲食店に就職した生徒が訪ねてきてくれました。ちょうどわたしが就職を担当していたときの生徒です。その年の就職希望者は4名でした。4名とも就職しましたが、残念ながらそのうちの1名はすでに離職しています。高卒就業者の3年以内離職率は5~6割といわれていますので、ある程度の離職は仕方がないのかもしれません。

 ところで4名のうち1名は早々と指定校求人で地元の上場企業に内定しました。運動部のキャプテンでもあった非常に優秀な生徒で、就職講習の記録は面接練習結果も含めてすべてファイルにとじて、いつでも見直しができる状態にまとめていました。この生徒のおかげで指定校からはずされる高校もあるなかで、今も一貫して求人をいただいています。辞めた1名の生徒の就職先も指定校求人だったのですが、結構退職率の高い会社だったので少し心配をしていました。社長とあわなかったようで、やめる前にわたしのところに相談に来てくれました。3番目の生徒は9月になって急に家庭の事情で就職をせざるをえなくなったのですが、もともと優秀な生徒で11月の合同求人説明会で就職先を見つけ、なんなく内定を勝ち取りました。営業のきつい仕事ですが、昨年秋にも顔を見せてくれがんばっている様子を教えてくれました。

 さて先日訪問してくれた生徒ですが、実は一番心配だった生徒です。9月の第1次就職試験に失敗し、その後の11月の試験でも内定を得ることができませんでした。結局、年を越して、2月のトライアル求人でやっとイタリアレストランに内定が決まりました。トライアル求人の場合、3か月後に本採用が決まるのですが、それもクリアして現在に至っています。たいへん忙しい職場で勤務時間などあってないに等しい状態のようですが、優秀な成績で勤務しているとのことです。職場や客の評判もよく、いつも明るく頼もしい好青年です。今度、調理師免許をとる資格ができたので、調理師免許に挑戦すると報告してくれました。自分の店を持つことが念願なので、わたしもいつか彼の店に押しかけていくことを楽しみにしています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示